在宅労働者(リモートワーカー)は自宅で仮想プライベートネットワーク(VPN)を利用する

在宅労働者(リモートワーカー)が自宅で仮想プライベートネットワーク(VPN)を利用することの重要性について書きます。

仮想プライベートネットワーク(VPN)を利用することにより、WiFi接続が保護され、送受信するデータが暗号化されます。またIPアドレスが隠蔽されるため、オンラインでのプライバシーが保護されます。

在宅労働者(リモートワーカー)は、中小企業向けの最適なVPNを使用するように依頼し、誰かに設定を手伝ってもらう必要がある。