サイバーセキュリティにおいてリアルタイムでのデータ可視化は不可欠

サイバーセキュリティにおいてリアルタイムでのデータ可視化は不可欠ということについて書きます。可視化とは肉眼に見えないものを、「形」で見えるようにすること。

企業の経営者の多くは、サイバーセキュリティリスクを管理していますが、会社の技術的な状況の全体を包括的に把握していないことがある。把握していないと、弱体化する。

そのため、データ保護をするために、セキュリティの自動化とデータのリアルタイムな可視化を、企業・組織内に導入することが不可欠であると言えます。データ損失を防ぐには、自分のデータがどこにあるかを正確に把握することであり、2021年以降は、今まで以上にサイバー犯罪の増加が予測されますので、「分単位」で把握することが重要となります。

さらに、あらゆる脅威(サイバー攻撃を含む)を完全に可視化するために、リアルタイムのユーザーアクティビティ監視を導入する必要もあります。