リモートワークの普及とサイバー犯罪者に機会をもたらす

新型コロナウイルス感染症の世界的感染拡大により、企業・組織がテレワークを許可し始め、これにより、仮想プライベートネットワーク(VPN)とリモートデスクトッププロトコル(RDP)の使用が増加し、結果として、サイバー犯罪者及びサイバー攻撃者に機会を生み出している。

サイバー犯罪者及びサイバー攻撃者は、組織のネットワークにアクセスし、マルウェアを配信する手段として、インターネット上に流出したIDとパスワードを使用し、これらを組み合わてウェブサイトへのログインを試みるクレデンシャルスタッフィング攻撃やVPN脆弱性を悪用するというこの2つが主流となっている。

リモートデスクトッププロトコル(RDP)とは、別のコンピューターから遠く離れたデスクトップコンピューターに接続し、遠隔操作できるもの。