Eコマースセキュリティについて顧客を教育する重要性

Eコマースセキュリティについて顧客を教育する重要性について書きます。

小売業のサイバーセキュリティは、会社・組織の業務や労働者・会社員・従業員などの「内部」に焦点が当てられることが多いです。しかし、「顧客(お客様)」のことを考えることも重要です。安全なオンラインショッピング(買い物)は、相互の責任です。会社・組織と消費者の両方が安全な環境に向けて改善していくことは当然です。そのため、顧客を教育し賢くなるための対策を講じる必要がある。

顧客(お客様)が脆弱なパスワードを使用したり、機密データを共有したり、アカウントや企業を危険にさらす可能性のある怪しいなリンクやウェブサイトにアクセスしたりしないように、こまめにコミュニケーションを取ることは大切です。

また、セキュリティツール、最新のブラウザを活用することで、お客様の機密データの保護することができます。このような情報を、ウェブサイトやメルマガ、SNSなどで顧客(お客様)に伝える必要があります。