リモートワークへ移行したことでのIAMの難しさ

リモートワークへ移行したことでのIAM(IDおよびアクセス管理)の難しさについて書きます。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、企業がリモートワーク、もしくはテレワークを導入しました。リモートワークへ移行したことで、企業においては、仕事で労働者(従業員や会社員等)が、個人用デバイスを使用することを禁止しているところもありましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、これが減少。企業のファイアウォールの外側で仕事をする労働者の増加、不要なデータにアクセスできる労働者の数が多すぎるなどにより、新たな管理とセキュリティの課題が追加されることになりました。

新たな管理とセキュリティの課題が追加されたことで、企業のITチームとセキュリティチームは、IAM(IDおよびアクセス管理)の問題解決に重点を置くようになりました。しかし、企業においてIAMは難しい。そして、IAMは、ITチームとセキュリティチームの作業負荷の増加をもたらしています。

企業は、在宅勤務の増加により、生産性を犠牲にすることなく労働者(従業員や会社員等)をオフィスの外で安全に保つための解決方法を探す必要がある。