データ侵害を阻止するCloud WAF(クラウドWAF)

データ侵害を阻止するCloud WAF(クラウドWAF)について書きます。

WAFとは「Website Application Firewalls(ウェブサイト・アプリケーション・ファイアウォール)」の略語です。サイバー攻撃者(犯罪者)、ハッカーや悪意のあるユーザーをブロックし、ウェブサイトのトラフィックを傍受・監視するソフトウェアのことです。

サイバー攻撃者(犯罪者)、ハッカーや悪意のあるユーザーによるデータ侵害は、すべて企業において懸念事項です。データ侵害が発生すると、顧客の信頼の低下、ビジネスの損失、およびブランドの評判の低下に繋がります。

そのため、世界の「Website Application Firewalls(ウェブサイト・アプリケーション・ファイアウォール)」市場は成長しており、特に大企業向けソリューションが増加すると予想されている。

Cloud WAF(クラウドWAF)を利用する場合は、保護するアプリケーションの種類によって異なり、求める運用や機能の種類によって様々なCloud WAF(クラウドWAF)が存在するので、それぞれのCloud WAF(クラウドWAF)を個別に検討し、予算内で要件に最も適したソリューションを選択するのが良い。